耐屈曲 耐念回用 補償導線 スーパーV シリーズ
最高使用温度:90℃

耐屈曲 耐念回用 補償導線 スーパーV シリーズ

VXスーパーVは、JIS C 1610 に準拠した K (クロメル-アルメル)熱電対のリード線として使用されるVX(KCB) 補償導線です。 耐屈曲、耐捻回性など柔軟性に非常に優れており、射出成型機やロボット等の可動部の配線にお薦めいたします。 スーパーV

断面図

スーパーV 断面図

仕様

導 体JIS C 1610に準拠した VX(KCB) (銅 - VX(KCB)用銅ニッケル合金)の細線を合成繊維と共に集合撚りしたもので可とう性に優れています。
絶縁体及び外被絶縁体 : 90℃耐熱ビニル
シース : 屈曲、捻回性に優れた 105℃耐熱ソフトタイプビニル
色 別 : (+)=赤、(-)=白、シース=青  (JIS 区分2)となっております。(JIS区分1カラー等への対応も可能です)
対撚りそれぞれ絶縁被覆した1対の補償導線を介在と共に撚り合わせます。 介在は摩擦抵抗をより小さく押さえ、曲げ等による金属導体への負担を軽くしています。
最高使用温度90℃

構造

公称断面積導体構成絶縁体対撚り被覆仕上径1条の最大長さ概算質量
mm2本数/素線径 本/mm外径mm厚さmm外径mm外径mm厚さmm外径mmmkg/km
0.545/0.121.20.52.24.40.86.01,00043

電気特性

熱起電力温度に対する許容差
501000℃~100℃
μV20234096±100μV

屈曲試験

試料名完全断線回数
AVXスーパーV耐屈曲、耐捻回用36,800回
B7/0.3x1P VX-G最も一般的な平型350回
C30/0.18x1P VX-G-IS=VVR遮蔽付き丸型1,650回
D30/0.18x1P VX-G-IS=VV3Rシースに軟質ビニル使用3,080回
試験装置: ゴムプラスチック絶縁電線試験方法 (JIS C 3005、4.27(a))による曲げ試験装置
試験条件: 試験種類 B ( r=150mm l=200mm ) 20回転/1分間

※測定データはいずれも実測値であり保証値ではありません。試験結果からBは、最も一般的に使用される補償導線ですが、可動部の配線にはお薦めできません。 0.3mmの太い線を使用していることと平行構造の為、屈曲捻回運動に全く悪い結果を示しています。C,Dの細線構造や丸型構造がやや良い結果を示していますが、Aの耐屈曲耐捻回用は一段と優れた結果を現しています。
※上記以外の多対製品等の特別仕様品も承りますので当社営業部までお気軽にお問合せ下さい。
製品情報
■補償導線
TOP
製品検索
1対平型ビニル(PVC)
1対丸型ビニル(PVC)
1対平型ガラス編組
1対丸型ガラス編組
1対平型シリコーンゴム
1対丸型シリコーンゴム
1対平型シリコーンゴム
+ガラス編組

1対丸型シリコーンゴム
+ガラス編組

1対平型フッ素樹脂
1対丸型フッ素樹脂
1対平型フッ素樹脂
+ガラス編組

1対丸型フッ素樹脂
+ガラス編組

1対丸型フッ素樹脂
+シリコーンゴム

耐屈曲用(スーパーV)
多対ビニル
多対遮蔽付ビニル
エコ仕様
他、特殊仕様品

導体抵抗一覧
熱起電力値一覧
補償導線の種類・識別
導体材質一覧

注文の方法・記号の付け方
■被覆熱電対線
TOP
製品検索
ビニル(PVC) G
ガラス編組 H
耐熱無機塗料 Hh
シリカガラス編組 SLGB
セラミック編組 CEARC・CF
フッ素樹脂 FEP(6F)・PFA
PEEK樹脂 PEEK
リボンタイプ r
スーパー極細
メガネ型ビニル VFF

導体抵抗
起電力値
使用限度温度

被覆熱電対線の
種類・識別
導体材質一覧

■耐熱電線
TOP
SR・R-LK
SRCT・SR-KCT
SRGB・SRGB3
LKGB・SRDGB
GB
TFGB
NI-GB
KPGB
FEP・PFA・ETFE・THV
TN200
TN210
TN430
TM450
MS500シリーズ
NI-MS500
NPC-MS500
NI-5107-[RU]
NPC-5107-[RU]
CERAC-SL
FAQ
■ツインター
TOP
スタンダード
ミニチュア
ミニ用6Pパネル
FAQ
取扱説明書(PDF)
■加工製品
先端溶接
シート状
シールタイプ
モールド加工
特殊仕様
■UL規格認証取得製品
TOP
補償導線
被覆熱電対線
耐熱電線

※掲載した製品情報等は改良などのため予告なしに内容を変更することがあります。
Copyright(C) 2014 Ninomiya Electric Wire Co., Ltd. All Rights Reserved.