ホーム > 製品情報 > 補償導線 > ご注文方法・記号の付け方

ご注文方法


記号の付け方

①導体構成(各製品ページ参照)
導体のサイズをお選び下さい。
②対数
1対(1P)は2芯のことで、補償導線は通常プラスとマイナスを一組として使用します。
③補償導線の種類および許容差のクラス(下記 表1 参照)
補償導線は組み合わせて使用する熱電対と必ず同一のものでなければなりません。
④使用区分
導体に施す絶縁体およびシースの材料を選定します。
⑤識別(下記 表2 参照)
識別は絶縁体およびシースの色によって行います。
⑥遮蔽及び保護編組
必要に応じて遮蔽及び保護編組を指定します。
⑦⑧絶縁体およびシース材
絶縁体およびシースは同じ材料を基準としていますが、使用用途によって違う材料を組み合わせることができます。 ご使用条件、用途などにより最適な被覆材料をご選択下さい。
⑨形状
F:平型
R:丸型(介在入)
T:丸型(介在なし)
P:シースなし保護編組付き平型
FF:メガネ状平型
r:リボン状平型
※基本的に平型の場合は=の後⑦⑧⑨を省略します。


表1 補償導線の種類および許容差のクラス(□内に入る種類)
項目 記号 許容差のクラス
JIS ASTM JIS ASTM
補償導線の種類
許容差のクラス
BC BX-ASt 指定無し スタンダード
RCA-2 RX-ASt クラス2 スタンダード
RCB-2 クラス2
SCA-2 SX-ASt クラス2 スタンダード
SCB-2 クラス2
NX-1 NX-ASp クラス1 スペシャル
NX-2 NX-ASt クラス2 スタンダード
KX-1 KX-ASp クラス1 スペシャル
KX-2 KX-ASt クラス2 スタンダード
KCA-2(WX) - クラス2 -
KCB-2(VX) - クラス2 -
EX-1 EX-ASp クラス1 スペシャル
EX-2 EX-ASt クラス2 スタンダード
JX-1 JX-ASp クラス1 スペシャル
JX-2 JX-ASt クラス2 スタンダード
TX-1 TX-ASp クラス1 スペシャル
TX-2 TX-ASt クラス2 スタンダード

表2 識別(◇内に入る記号)
項目 記号 許容差のクラス
識別 J1 JIS区分1のカラーコード
J2 JIS区分2のカラーコード
AS ASTM(旧ANSI MC96.1)のカラーコード

製品情報
■補償導線
TOP
製品検索
1対平型ビニル(PVC)
1対丸型ビニル(PVC)
1対平型ガラス編組
1対丸型ガラス編組
1対平型シリコーンゴム
1対丸型シリコーンゴム
1対平型シリコーンゴム
+ガラス編組

1対丸型シリコーンゴム
+ガラス編組

1対平型フッ素樹脂
1対丸型フッ素樹脂
1対平型フッ素樹脂
+ガラス編組

1対丸型フッ素樹脂
+ガラス編組

1対丸型フッ素樹脂
+シリコーンゴム

耐屈曲用(スーパーV)
多対ビニル
多対遮蔽付ビニル
エコ仕様
他、特殊仕様品

導体抵抗一覧
熱起電力値一覧
補償導線の種類・識別
導体材質一覧

注文の方法・記号の付け方
■被覆熱電対線
TOP
製品検索
ビニル(PVC) G
ガラス編組 H
耐熱無機塗料 Hh
シリカガラス編組 SLGB
セラミック編組 CEARC・CF
フッ素樹脂 FEP(6F)・PFA
PEEK樹脂 PEEK
リボンタイプ r
スーパー極細
メガネ型ビニル VFF

導体抵抗
起電力値
使用限度温度

被覆熱電対線の
種類・識別
導体材質一覧

■耐熱電線
TOP
SR・R-LK
SRCT・SR-KCT
SRGB・SRGB3
LKGB・SRDGB
GB
TFGB
NI-GB
KPGB
FEP・PFA・ETFE・THV
TN200
TN210
TN430
TM450
MS500シリーズ
NI-MS500
NPC-MS500
NI-5107-[RU]
NPC-5107-[RU]
CERAC-SL
FAQ
■ツインター
TOP
スタンダード
ミニチュア
ミニ用6Pパネル
FAQ
取扱説明書(PDF)
■加工製品
先端溶接
シート状
シールタイプ
モールド加工
特殊仕様
■UL規格認証取得製品
TOP
補償導線
被覆熱電対線
耐熱電線

※掲載した製品情報等は改良などのため予告なしに内容を変更することがあります。
Copyright(C) 2014 Ninomiya Electric Wire Co., Ltd. All Rights Reserved.